Tokyo Gen'On Project#14 Composer's Selection 6:

Noriaki Mori

東京現音計画 #14 コンポーザーズセレクション6: 森 紀明

2020

TGK14_A4flyer_omote_200417_naoshi2_edite

Program

Kelley Sheehan: A Series of Colors for snare drum and tape (2017-18)

Katherine Young: Underworld (Dancing) for wurlitzer electric piano and tuba (2008) 

Weston Olencki: for melodicas for any number of melodicas and analog & digital synthesis (2017-18/19)

Noriaki Mori: Observation/Oscillation for multiple performers, observer and electroacoustic environment (2020)

Ian Power: Buoy (after Laurence Crane) for electric organ and electric appliances (2015-16)

 

Alex Mincek: Nucleus for saxophone and percussion (2007)

Noriaki Mori: New work for amplified ensemble and soloist (2020)

 

Installation

Marianthi Papalexandri-Alexandri: Solo for motor, serpent and brain model (2017)

Sam Pluta: Selbsportrait mit Peter Ablinger (2011)

ひとりの作曲家に新作委嘱とプログラム監修を託すコンポーザーズセレクション、第6弾は森紀明が登場。

サクソフォン奏者・イベントオーガナイザーとしても、現代音楽、ジャズ、即興演奏ジャンルを越える活動で知られる森が、今回のキーワードに掲げたのは「ボーダーレス」と「アカデミズム」。新作は、ゲストソリストにフリージャズの重鎮・坂田明を迎えるサクソフォンコンチェルト。インスタレーションも含めた一癖も二癖もあるスリリングなプログラミング、乞うご期待。

 

演奏曲目

・ケリー・シーハン《色の系列》スネアドラムとテープのための(2017-18)

・キャサリン・ヤング《アンダーワールド(ダンシング)》ウーリッツァー・エ

 レクトリック・ピアノとチューバのための (2008)

・ウェストン・オーレンキ《メロディカのための》任意の数のメロディカとアナ

 ログ& デジタルシンセシスのための(2017-18/19)

・森紀明《観察/振動》複数のパフォーマー、オブザーバーと電子音楽環境のた

 めの電子音楽的環境

・イアン・パワー《浮標》ローレンス・クレインに倣って エレクトリック・オ

 ルガンと家電のための(2015-16)

・アレックス・ミンチェク《核》サクソフォンと打楽器のための(2007)

・森紀明《新作》アンプリファイド・アンサンブルとソリストのための

  (2020委嘱初演)

 ソリスト:坂田明(サクソフォン、その他)

 

インスタレーション

・マリアンチ・パパレクサンドリ-アレクサンドリ《ソロ》モーター、セルパンと

 脳のモデルのための(2017)

・サム・プルタ《ペーター・アプリンガーと共にある自画像》(2011)

 

Ensemble Eins with Naoya Aaoki Group Work Project

'CROSSINGS' - Seoul × Tokyo, Music × Dance -

Program:

 Shunsuke Azuma (*1983)

    'Lines' for flute, oboe, viola and piano with dancers (2019)

 Myunghoon Park (*1980)

    ‘舞童(Mudong)’ for string quartet and piano with dancers (2019)

 Noriaki Mori (*1979)

    ‘Watering’ for clarinet, violin, violoncello and piano with dancers

     (2019)

 Seunghyuk Lim (*1978)

    ‘Turn Up’ for clarinet solo, flute, oboe and live-electronics with dancers

  (2019)

2019.12.11 Platform-L

Seoul_Flyer_edited.jpg

演奏曲目

東 俊介 (*1983)

   'Lines' for flute, oboe, viola and piano with dancers (2019)

 パク・ミュンフン (*1980)

   ‘舞童(Mudong)’ for string quartet and piano with dancers (2019)

 森 紀明 (*1979)

   ‘Watering’ for clarinet, violin, violoncello and piano with dancers (2019)

イム・ソンヒュク (*1978)

   ‘Turn Up’ for clarinet solo, flute, oboe and live-electronics with dancers (2019)

'CROSSINGS' - Tokyo × Seoul, Music × Dance -

2019

12.6 -12.7

4 new works for motion and sound composed by Shunsuke Azuma, Noriaki Mori, Myunghoon Park and Seunghyuk Lim, will be realized by Naoya Aoki Group Work Project, Hideaki Isobe and Phidias Trio. We'll also have a related performance in Seoul on December 11th.​

Program:

Noriaki Mori (*1979)

 Watering - Mapping experiment in different contexts - for 7 performers  (2019)

Myunghoon Park (*1980)

 Mudong for violin, bass clarinet in Bb, piano and dancers (2019)

Seunghyuk Lim (*1978)

 Turn up for Clarinet in Bb, Dancers and Live-electronics (2019)

Shunsuke Azuma (*1983)

 Lines for musicians and dancers (2019)

日韓4人の作曲家による、ダンスと音楽にまたがるインターディシプリナリーな新作4作品を発表。欧米を通すことなく、アジア内で音楽家、舞踊家等が当たり前のように交流し、新たなシーン生み出すための足がかりの一つとして。
演奏曲目
森紀明 (*1979)
 ウォータリング - 異なる文脈におけるマッピングの実験 -
 7人のパフォーマーのための (2019)
パク・ミュンフン (*1980)
 舞童 - ヴァイオリン、Bbバスクラリネット、ピアノ、ダンサーのための
 (2019)
イム・ソンヒュク (*1978)
 ターン・アップ - Bbクラリネット、ダンサー、ライブ・エレクトロニクス
 のための (2019)
東俊介 (*1983)
 ラインズ - 音楽家とダンサーのための (2019)

Crossings ~Showcase Vol.1~

2019.8.3

ジャンルの異なる複数のアーティストとの協働を前提とし、毎回実験的な試みを行うプロジェクト、Crossings。本年12月に青木尚哉グループワークプロジェクトを迎え、東京とソウルで行われる立ち上げ公演、"Tokyo × Seoul, Dance × Music"のプレイベントとして、"Showcase Vol.1"と題し、動きと静謐な音の世界を追求してきた作曲家の黒田崇宏氏、ダンサー/振付家の木原萌花氏、そしてダンサー/振付家/美術家の敷地理氏をゲストに迎え、実験的な新作3作品を発表。動きと音の新たな関係性を探求する。

Crossings%208_3_19%20Flyer%20jap%202_edi

ACHT BRÜCKEN | Musik für Köln ACHT BRÜCKEN Lunch

TRAVEL MUSICA – High-powered CHING DONG Band

2019.5.4

Program:

Georges Aperghis

Retrouvailles (2013) für zwei Schlagzeuger

 

Yuya Honda / Johannes Meures

No.0 From East and From West (Fanfare) (1999/2018) Version für Ching-Dong Band und Brassband

 

Yuya Honda / Johannes Meures

No.1 Theme of Ching Dong (1999/2018) Version für Ching-Dong Band und Brassband

 

Yuya Honda

No.2 Chi Chidory (1999)

für Klarinette, Trompete und Schlagzeug

 

Yuya Honda / Johannes Meures

No.3 Super Habotan (1999/2018)

Version für Ching-Dong Band und Brassband

 

Yuya Honda

Part 2 Maschine Gun Sax (2001) für zwei Saxophone und Klavier

 

Yosuke Nomoto

Neues Werk (2019) für Brassband Uraufführung

 

Yuya Honda / Johannes Meures

Circus for Theater Products (2002/2018)

Version für Ching-Dong Band und britische Brassband

 

keine Pause | Ende gegen 12:30

 

Gefördert durch die Kunststiftung NRW, Artscouncil Tokyo

Eintritt frei

4.Mai.2019 ACHT BRÜCKEN Lunch

04.05.2019 Samstag 12:00 Christuskirche

 

DanielAgi Flöte

Carl Rosman Klarinette

Noriaki Mori Saxophon

Rie Takeuchi Saxophon

YukaYamazaki Saxophon

Saki Tobayama Klavier

Dirk Rothbrust Percussion

Rie Watanabe Percussion

Youth Brass Band NRW

Martin Schädlich Leitung

ACHT BRÜCKEN Freiahfen

TRAVEL MUSICA – High-powered CHING DONG Band

Youth Brass Band NRW, M. Schädlich

2019.5.1

1.Mai 2019  11:00- (bis ca.11:30)   Bischofsgartenstraße

 

Program:

Yuya Honda / Cheerio

 

 Johannes Meures : Martins Marsch

 u.a.

 

 https://www.achtbruecken.de/de/programm/travel-musica/121928

13612366_304303696578383_126363401769421

Merging Worlds, Finding the Common

2019.4.29

Ein Internationales Ensemble begibt sich auf die Suche nach den Schnittstellen zwischen Jazz und Zeitgenössischer (Improvisierter) Musik im Kontext einer zwar jazztypischen Small Bigband-Besetzung, die jedoch mit Musikern besetzt ist, die sich in beiden Welten zuhause fühlen.

Das Projekt lässt die unterschiedlichen Welten des Jazz und der Zeitgenössischen Musik verschmelzen und versucht, die musikalischen Strukturen und Ästhetik innerhalb eines Ensemblekontexts zu vereinen. Es soll ein neuer Zugang zur Musik gefunden werden, der die Fähigkeit der Jazzmusiker in den Mittelpunkt stellt, jederzeit innerhalb der Komposition gemeinsam als Ensemble improvisatorisch agieren und reagieren zu können. Auf diese Weise wird ein neuartiger hybridartiger großer Klangkörper geschaffen, der durch die Erfahrung der Beteiligten jederzeit in der Lage ist, gleichzeitig im Jazz-Kosmos und im Universum der zeitgenössischen Musik zu agieren.

Ensemble Labor for jazz, improvisation and contemporary music

 

Shannon Barnett – Posaune

Els Verbruggen – Bassposaune

Heidi Bayer – Trompete

Udo Moll – Trompete

 Johannes Ludwig – Alt/- Sopransaxophon

Noriaki Mori – Tenorsaxophon

Simon Nabatov – Klavier

Constantin Herzog – Kontrabass

Thomas Sauerborn – Schlagzeug

 

Johannes Ludwig, Rie Watanabe – Kuratorin des Projekts

Brilliant Corners ~ Large Ensemble Jazz from Berlin, New York and Tokyo ~

現在、世界各地で従来のジャズの枠に収まらない大編成のアンサンブルが多く生まれ活動しています。今回初の試みである、Brilliant Corners ~ Large Ensemble Jazz from Berlin, New York, and Tokyo ~、プロジェクト名はセロニアス・モンクの同名のアルバムに由来します。副題にある、世界の3都市それぞれの街で育まれているラージアンサンブル、ビッグバンド文化の出会う華麗な曲がり角、という意味合いを持たせつつ、モンクの音楽の先進性、独自性と普遍性に共鳴できるのではないだろうかという想いを込めて。

 

今回は第1回目として、ベルリン(ケネス・ダール・クヌーセン、シュテファン・シュルツ)、ニューヨーク(エリカ・セグウィン、ネイザン・パーカー・スミス、ホアン・アンドレス・オスピナ)、東京(佐藤恭子、森紀明)を拠点に活動している7人のコンポーザー、バンドリーダーの新作を含むオリジナル曲、編曲作品を取り上げ、東京のジャズ、スタジオシーンの第一線で活躍中の素晴らしいプレイヤーが演奏します。

2019.3.25

Special big band plays the music of Kenneth Dahl Knudsen, Stefan Schultze, Erica Seguine, Juan Andrés Ospina, Nathan Parker Smith, Noriaki Mori and Kyoko Satoh.

We are very happy to announce that we’ll have a special big band showcase concert on September 30th at Tokyo TUC! The big band music written by the composers / band leaders who work in Berlin (Kenneth Dahl Knudsen, Stefan Schultze), New York (Erica Seguine, Juan Andrés Ospina, Nathan Parker Smith) and Tokyo (Noriaki Mori, Kyoko Satoh) will be performed by the very fine young jazz and studio musicians based in Tokyo. We are already very excited and can’t wait to share the beautiful and unique big band music with you! If you are around, just stop by and feel the contemporary large ensemble jazz scene in the world.

Schultze, Puntin, Ikeda, Kobayashi, Mori

2019.2.17

ZINKandSILENTLISTEN (Stefan Schultze (Piano, Electronics), Claudio Puntin (Clarinet, Electronics)) from Berlin

Takumi Ikeda (Electronics), Takefumi Kobayashi (Drums), Noriaki Mori (Saxophone)

ベルリンより、Stefan SchultzeとClaudio Puntinからなるデュオ・プロジェクト、ZINKandSILENTLISTENを迎えて、彼らのデュオ、そして池田拓実、小林武文両氏と共に、池田さんと森の実験的なインプロベースの作品を演奏します。

 

ZINKandSILENTLISTEN (Stefan Schultze (ピアノ, エレクトロニクス, オブジェクト), Claudio Puntin (クラリネット, エレクトロニクス, オブジェクト)) from Berlin

池田拓実 (エレクトロニクス), 小林武文 (ドラムス), 森紀明 (サックス)

Brilliant Corners Portrait Series:

Noriaki Mori Large Ensemble feat. ZINKandSILENTLISTEN (Stefan Schultze & Claudio Puntin) from Berlin

2019.2.11

ベルリンより、Stefan SchultzeとClaudio Puntinからなるデュオ・プロジェクト、ZINKandSILENTLISTENを迎えて、コンテンポラリーに寄せた僕とStefanのオリジナルを素晴らしいメンバーからなるビッグバンドとともに演奏します。

 

Cond, Comp, Arr: 森紀明、Stefan Schultze

 

Tp: 真砂陽地、佐瀬悠輔、石川広行、高澤綾

Tb: 張替啓太、西村健司、上杉優、佐々木匡史

Reed: 八巻綾一、David Negrete、土井徳浩、寺井雄一、宮木謙介

Gt: 松原慶史、Pf: 永武幹子、Bs: 落合康介、Dr: 則武諒

 

Guest: ZINKandSILENTLISTEN (Stefan Schultze (Pf, Electronics), Claudio Puntin (Cl, Electronics))

 

第3回音絵巻コンサート~作曲と文学との出会い~

”幻想神秘音楽説”

2018

46310759_10155690716212413_4516421534973

2018年11月24日(土)25日(日)13時半会場 14時開演

渋谷公園通りクラシックス  

入場料3000円(全自由席)

 

文学からインスピレーションを得て書き下ろした新作の演奏会

 

作曲 小久保敦子、佐藤薫、松岡みち子、安江優子、山本純ノ介

   ゲスト作曲家 森紀明

演奏 cl.岩瀬龍太、vn.甲斐史子、vc.松本卓以、pf.川村恵里佳

朗読 吉田(阿吽)旅人、ジェレミー・コックス

 

主催:音絵巻

Noriaki Mori Large Ensemble

My big band music will be performed by very fine young jazz musicians based in Tokyo on April 29th at Tokyo TUC!

 

Noriaki Mori (Comp, Arr, Cond)

 

Ayako Tsuchiya (Voice)

David Negrete (Sax, Fl, Cl), Tokuhiro Doi (Sax, Fl, Cl), Yuichi Terai (Sax, Fl, Cl), Kei Suzuki (Sax, Fl, B.Cl), Kohki Mikami (Sax, Fl, B.Cl)

Mitsuhiro Wada (Tb), Amane Takai(Tb), Hiroaki Kono (B.Tb), Ryota Sasaguri (B.Tb)

Hiroya Tachibana (Tp, Flg), Kenichi Akatsuka (Tp, Flg), Yusuke Sase (Tp, Flg), Hiroyuki Ishikawa (Tp, Flg)

Yoshifumi Matsubara (Gt), Yusei Takahashi (Pf), Kosuke Ochiai (Bs), Ryo Noritake (Dr)

リーダー・ビッグバンド・ライブです。今回も(ほぼ)すべて、ビッグバンドのために書かれた森のオリジナル作品を演奏します。今回は入れ替え制ですが、2セットとも異なる内容のプログラムを演奏します。

  

森紀明 (Comp, Arr, Cond)

 

土屋絢子 (Voice)

David Negrete (Sax, Fl, Cl), 土井徳浩 (Sax, Fl, Cl), 寺井雄一 (Sax, Fl, Cl), 鈴木圭 (Sax, Fl, B.Cl), 三上功聖 (Sax, Fl, B.Cl)

和田充弘 (Tb), 高井天音(Tb), 河野広明 (B.Tb), 笹栗良太 (B.Tb)

立花大也 (Tp, Flg), 赤塚謙一 (Tp, Flg), 佐瀬悠輔 (Tp, Flg), 石川広行 (Tp, Flg)

松原慶史 (Gt), 高橋佑成 (Pf), 落合康介 (Bs), 則武諒 (Dr)