Multichorus マルチコーラス

Poly-Tempo Study for Large Jazz Ensemble based on George Gershwin’s “I Loves You, Porgy” (2019)

ジョージ・ガーシュウィンの「I Loves You, Porgy」に基づく、ラージ・ジャズ・アンサンブルのためのポリテンポ・スタディ (2019)

Duration: ca.17’

演奏時間:約17分

Instrumentation: 5 Saxophones (also Flutes and Clarinets), 4 Trumpets (also Flugelhorns), 3 Trombones, Bass Trombone, Voice, Electric Guitar,  Piano, Bass, Drums

編成:5サックス(フルート、クラリネット持ち替え)、4トランペット(フリューゲルホーン持ち替え)、3トロンボーン、ベース・トロンボーン、ボイス、エレクトリック・ギター、ピアノ、ベース、ドラム

Program Note:

As the subtitle implies, the melody borrowed from Gershwin’s “I Loves You Porgy” is drawn throughout the piece with different tempo from other coexisting sounds, which become the base of the piece. The number of tempi shared by each player during the performance changes from one to multiple number. As multiple elements with different tempi exist in same time and space, things like tension, color change and imbalance appear in almost unpredictable way, as if it were a kind of surface of this world, in which multiple voices with their own different tempi coexist. 

プログラム・ノート:

この曲ではサブタイトルが示唆するように、ガーシュウィンの “I Loves You Porgy”から借用したメロディーが、曲の下地を構成する音とは異なるテンポで描かれます。曲中、プレイヤーの間で共有されるテンポの数はセクションごとに1から複数まで変化します。異なるテンポを持った複数の要素が同じ空間に存在することにより、緊張、色彩の変化、アンバランスさなどが、半ば予測不能な形で表出します。まるでそれぞれの時間を持つ複数の (multi-) ヴォイス (chorus) が共存する、この世界のある種の表層のように。

SPON スポン

Counterpoint Study for Large Jazz Ensemble (2018)

ラージ・ジャズ・アンサンブルのためのカウンターポイント・スタディ(2018)

Duration: ca.12’

演奏時間:約12分

Instrumentation: 5 Saxophones (also Flutes and Clarinets), 4 Trumpets (also Flugelhorns), 3 Trombones, Bass Trombone, Voice, Electric Guitar, Piano, Bass, Drums

編成:5サックス(フルート、クラリネット持ち替え)、4トランペット(フリューゲルホーン持ち替え)、3トロンボーン、ベース・トロンボーン、ボイス、エレクトリック・ギター、ピアノ、ベース、ドラム

 

Program Note:

In this piece, players share the same tempo from the beginning to the end. At the beginning, players are split into five groups, and draw five different lines spontaneously. As a result of coexisting different lines, various texture changes appear, then they gather and develop, and finally it is split again.

 

This process is repeated several times until the music ends. Multiple spontaneous motions become a larger movement and it eventually breaks up, as a kind of pattern of phenomenon, which often appears in this world.

プログラム・ノート:

この曲ではプレイヤーは最初から最後まで1つのテンポを共有します。冒頭、プレイヤーは5つのグループに分けられ、5つの異なる線を自発的に (spontaneous) 描き出します。そしてそれらの線が同時に存在する結果として様々なテクスチャーの変化が現れ、その後一つの大きなまとまりとなって展開し、最後には再び解体されます。

 

このプロセスは、曲が終わるまで何度か繰り返されます。複数の自発的な動きが大きな運動となり、最終的には解体される、この世界でしばしば起こる現象のある種の類型として。

Night Dreamer ナイト・ドリーマー

for Large Jazz Ensemble (2018)

ラージ・ジャズ・アンサンブルのための(2018)

Duration: ca.15’

演奏時間:約15分

Instrumentation: 5 Saxophones (also Flutes and Clarinets), 4 Trumpets (also Flugelhorns), 3 Trombones, Bass Trombone, Voice, Electric Guitar, Piano, Bass, Drums

編成:5サックス(フルート、クラリネット持ち替え)、4トランペット(フリューゲルホーン持ち替え)、3トロンボーン、ベース・トロンボーン、ボイス、エレクトリック・ギター、ピアノ、ベース、ドラム

Karnatic Sketch カルナティック・スケッチ

for Large Jazz Ensemble (2017)

ラージ・ジャズ・アンサンブルのための(2017)

Duration: ca.14’

演奏時間:約14分

Instrumentation: 5 Saxophones (also Flutes and Clarinets), 4 Trumpets (also Flugelhorns), 3 Trombones, Bass Trombone, Voice, Electric Guitar, Piano, Bass, Drums

編成:5サックス(フルート、クラリネット持ち替え)、4トランペット(フリューゲルホーン持ち替え)、3トロンボーン、ベース・トロンボーン、ボイス、エレクトリック・ギター、ピアノ、ベース、ドラム

Dreizehn Hüllen 13の包み

for Free Jazz Trio and Large Ensemble (2017)

フリージャズ・トリオとラージ・アンサンブルのための(2017)

Duration: ca.14’

演奏時間:約14分

Instrumentation: Tenor Saxophone, Bass, Drums, 4 Saxophones (also Flutes and Clarinets), 4 Trumpets (also Flugelhorns), 3 Trombones, Bass Trombone, Electric Guitar, Piano

編成:テナーサックス、ベース、ドラム、4サックス(フルート、クラリネット持ち替え)、4トランペット(フリューゲルホーン持ち替え)、3トロンボーン、ベース・トロンボーン、エレクトリック・ギター、ピアノ

traces II 軌跡 II

for 16 Instrumentalists (2015)

16人の器楽奏者のための(2015)

Duration: ca.12’

演奏時間:約12分

Instrumentation: Flute (also Bass Flute), Oboe, Clarinet (also Bass Clarinet), Bassoon, Horn, Trumpet, Trombone, Tuba, 2 Percussion, Piano, 2 Violins, Viola, Violoncello, Double Bass

編成:フルート(バス・フルート持ち替え)、オーボエ、クラリネット(バス・クラリネット持ち替え)、バスーン、ホルン、トランペット、トロンボーン、チューバ、2パーカッション、ピアノ、2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス

Program Note:

This piece was composed based on the idea contrasting two different instrumental groups, namely, piano, percussions which can not hold the notes, and brass, string instruments which can hold the notes. The actions of piano and percussions become triggers and the chords by brass and string instruments appear after that. This piece is divided in four movements which have similar materials and the character of each movement changes according to the treatment of the materials. The major third interval which is played at the beginning appears throughout the piece. These major third intervals and the chords played by brass and string instruments as resonances of piano and percussions remind me of traces, sign of something that once existed. Therefore I named “traces” and since I already composed another “traces” for big band, it became “traces II”.

プログラム・ノート:

この曲は、減衰楽器であるピアノ、打楽器と、音を持続させられる管楽器、弦楽器を対比させるというアイデアに基づいて作曲されました。ピアノと打楽器の打つ動作がトリガーとなり、管楽器と弦楽器による和音が現れます。曲はそれぞれ似た素材によって構成される4つの楽章に分かれており、素材の扱われ方によって、楽章ごとの性格が変化します。冒頭に演奏される長三度のインターバルは全楽章を通して様々な場面で現れます。この長三度のインターバルと管楽器、弦楽器によって奏でられるピアノと打楽器の残響を基にした和音が、かつてそこに何かがあった”跡”を感じさせるため、また、過去にも”traces”という名の曲をビッグバンドのために作曲していたため、”traces II”と名付けました。